「Les articles définis」 は。「(定)冠詞」ではなく「先導詞」(とでも)としよう。。。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
よかったらワンクリックお願いします。

日本人にとって、フランス文法で苦手なのは多いと思いますが、「les articles définis: le, la, les」もそのひとつでしょう。

私はこれを「日本語のてにをは」に対応するものと考えています。これは日本語の文の意味を明確にするための「が、は、を、に、へ」などの「助詞」の歴史的な呼び方です。日本語との決定的な違いは、「てにをは」が名詞の後ろにつくのに、フランス語の「les articles définis」は名詞の前につくことです。

「les articles définis」と名詞が結びついたグループは、基本的に動詞の主語や補語となります。日本語で「~が」とか「~を」とか、動詞(述語)の意味を限定するのに使われるのと似ていますが、日本語では「~が(主語)」とか「~を(目的語/補語)」が別々の表現となりますが、フランス語では同じ表現が、主語にも目的語/補語にも使えます。(何が主語、何が目的語というのには、議論がありますが、ここではパスします。)

Les Japonais aiment manger le riz. (日本人は、米飯が好きだ)

「les articles définis」の日本語訳は「定冠詞」ですが、ここからイメージされるのは、頭に冠(かんむり)のように後付けするということでしょう。確かに「名詞」に対して「頭に付く」ものですが、「les articles définis」は、名詞が出てくる前に「名詞を先導する形」で出てきます。書かれたものを読むときは、「どちらも一緒に目に入ってくる」ような錯覚を受けますが、話し言葉では「les articles définis」は、必ず名詞の前に出てきます。

つまりフランス語を話すときは、まず「les articles définis」を口にして、その後に「名詞」を続けるわけです。「かんむり」という表現が適切でないことが分かるでしょうか。

フランス語は「動詞」を核にして成立している言語です。もちろん動詞だけでは、使える意味を構築することはできなませんから、動詞を補うために「名詞」や「形容詞」、「副詞」などを使います。

「名詞」に限って言えば、単独で使えるのは、いわゆる「固有名詞」、つまり「Marie」とか「Paris」とか特定の人や物についている「名前」です。中には「les articles définis」が付くもの(例:La Rochelle市)もありますが、文法規則に例外は付き物ですから、ここではパスします。

普通名詞を使うときは、「les articles définis: le, la, les」などを先に出して、その後に続けます。「les articles indéfinis:un, une, des」、いわゆる「不定冠詞」もよく使われますし、「数詞(deux, trois, quatre…)」も使われます。

つまり、この3種類「定冠詞、不定冠詞、数詞」から見ても分かるように、フランス人は、名詞を出す前に「単数か複数か」と「男性か女性か」の選択を行っているというわけです。ところが日本人の場合、どうしても、日本語的発想を「フランス語に翻訳」することから始まるので、概念を持った名詞が先に来て、その後に「かんむり」となる「冠詞を選ぶ」形になってしまいます。

「冠詞」という訳語を「先導詞」としたところで、即解決する問題ではないと思いますが、フランス語を学ぶ人に発想の転換のきっかけになってもらえばと思います。
[PR]
by nsato75 | 2015-06-08 03:36 | 文法編
Bien / mal +「過去... >>