<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本文化のマイナス面。。。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

 日本語の感覚を最大限利用してフランス語を学ぶ、というのがこのブログの目的ですが、実は、逆に日本語を話すことがマイナスに働くことも多々あります。

 日本語は、文法的に、「話し手」と「話し相手」という、会話の中での役割分担を表す「主語代名詞 pronom sujet」がありません。フランス語では「話し手」が je、「話し相手」が tu という(単数)主語代名詞を「必ず」とって文が成立します。日本語を習いたてのフランス人が「わたし」と「あなた」を連発して、同席している日本人に違和感を与えるのにはちゃんと理由があるのです。これは、教科書に「わたし」と「あなた」を主語にした文がいっぱい載っているからです。

 日本語では、この2つの単語を、自分に(または、相手に)話題を限定するときだけに使います。今風に言ったら、「私(わたし)的には」という表現でしょうか。フランス語でも2種類の主語代名詞を重ねる、Moi, je...「わたし、わたし」という表現がありますが、これを多用すると自己中心の印象を与え、はっきりいって避けた方が無難です。

 日本語は元々、全て具体的な主語をもった、いわゆる「3人称」の文で、会話も成り立っているとう特殊な言語です。誰の事を話しているのかは、聞いている人が「推測」して判断してくれます。自分の事を話している時、「私、私、」は使わないでしょう。ところが、外国人にとって、この推測は至難の業です。フランス語では、一度話題に上った(主語になった)名詞を、il / elle / ils / elles で置き換えるので、何の事を話しているのか、推測がしやすいのです。時に、複数の話題があるときは、混乱を避ける為に、もう一回、具体的に言い直します。
 
 もともと「話し手」「話し相手」「それ以外の第三者」という役割分担が、日本語では文を作る上で文法規則として確立していないので、フランス語を話す時は、この、(1/2)/3人称の区別を意識して、文章を作る事が大事です。でないと、何の事を話しているか、相手に伝わらないし、自分だけで空回り、あげくの果ては、どうしてフランス人は分かってくれないの、なんて鈍感な人達、というレッテルを貼ってしまいかねません。

 これは一種、典型的な「カルチャーショック」なのですが、これに対処する知識も何も、普通の人は持ち合わせていないのが現実です。高校留学とかで、出発前オリエンテーションの時に、口を酸っぱくして説教しても、現地ではきちんとした対応が出来ず、最悪の場合、不適応とみなされ早期帰国になる場合もあるのです。ただ、その逆に、自分を出しまくって「自己中心症候群」に陥る人もいます。日本人は、自分を余り出さないから、自己表現をしなくてはいけない、と言うアドバイスが、裏目に出るわけです。

 後もう1つ、日本語で元々おしゃべりでない人が、フランス語でもおしゃべりになれるはずがありません。会話術は、やはり自分の個性が反映されます。自分を変えたい!と思って、外国語の学習を始める人も多いでしょう。私もそうです。私は、元々社交的(まあ、おしゃべりなだけですが)な性格なので、学ぶ言語にあった会話術を、話す人の文化を理解した上の処世術を含めて、自分で開発するように心がけています。フランスにいて、腹の立つ事もありますが、どうして自分がそう思ったのか、後から謙虚に考え直すようにしています。(腹の立つときは、徹底して怒りますが。)

 なんか説教じみてしまいました。すいません。私のアドバイスが、皆さんのフランス語生活をより楽しいものになればいいと思っています。
[PR]
by nsato75 | 2009-04-29 05:34 | 日本人向けって?

フランス語の母音はどこまで「あいうえお」で代用可能か?

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

日本語の母音とフランス語の母音は、数も、種類もかなり違いますが、かなりの部分、日本語の発音で代用がききます。「う」を除いた「あ、え、い、お」は、フランス語の /a/ /e/ /i/ /o/ にそのまま使っても大して差し支えありません。

ただ /i/ を除いた、/a/ /e/ /o/ は「閉じた母音」と呼ばれるもので、これに対して「開いた母音」/ɑ/ /ɛ/ /ɔ/ がそれぞれに存在しますが、初心者はそれほど気にする必要はありません。

閉じた母音 /a/ /e/ /o/
開いた母音 /ɑ/ /ɛ/ /ɔ/

これに関してはまた別の記事で説明します。それと、 /i/ には、この区別はありません。

さて問題は、「う」です。。。日本語では1つしかないのですが、これに対応するものがフランス語では全部で4つ(開いた母音を勘定すると5つ)あります。

/ɘ/  弱く「う」を発音する感じです。

je, te, me, le, ce   1子音+/ɘ/ の場合、/ɘ/が落ちると音節ではなくなってしまうので、発音されます。
pomme, terre, lire 母音+子音の後に付く場合。
chemin, venir, leçon 語頭の子音の後に付く場合。

       一般的にとても不安定な母音で(といっても南仏の人は非常にはっきり発音しますが)、次に母音が来ると「落ちて」というか吸収されてしまい発音されません。書き言葉でも ' (apostrophe) がついて省略されます。(参考までに、これを l'élision (母音字省略)といいます。)je + ai = j'ai, le + art = l'art が、その例です。 フランス語のリズムに慣れるまでは、これは自然にとは行かないので、いろんなものを読んだり、聞いたりして慣れる必要があります。
         語尾の(発音する)子音の後に、書き言葉では大抵 e が付きます。これを/ɘ/で発音してもいいのですが、パリ地方では、大体初めから発音しません。単語の内部に出てくる場合も同じです。南仏に行くと事情は変わり、どれも非常に強く発音します。
       もう1つ、/ɘ/を必ず発音するのは「詩の朗読」です。俳句や短歌の「(五七五」「五七五七七」を数えるように/ɘ/も、ちゃんと母音として発音されます。

/y/    「い」の口の形をして、そこから無理に「う」を口を尖らして発音する感じです。
nu, lu, su, vu, rue, fut, ému, connu, jus

       この母音は日本語の「ユ」ではないので気をつけてください。何故かというと、「ユ」は「ヤ行」ですから/yu/となり、半母音(半子音)の/y/が付いています。(半母音・半子音に関しては、また別の記事で説明します。)
        発音記号では、/y/  でも、綴りは必ず u になるので、混同しないようにしてください。特に、次に出てくる /u/ (綴りは ou )との混同にも気をつけてください。

上の2つの母音は、それほど難しくはないのですが、次の2つの区別が日本人にとってかなり難しいです。それに、日本での出身地によって、/Ø/を発音しようとしても/u/ に聴こえたり、逆に、/u/ のつもりが、フランス人にとっては/Ø/になってしまうことがあります。周りのフランス人を使って、自分の「う」の発音がどちらに近いのか、確認してみてください。

/Ø/(/œ/)   「だらしない感じの、う」といって分かるでしょうか。特に/u/ と比べるとかなり脱力しています。

jeu, peu, eux, ceux heureux, bonheur

/u/    「お」の口の形を保ったまま、口を突き出して「う」を発音する感じです。綴りも ou ですから、覚えやすいと思います。でも、やっぱり1つの独立した母音なので、2つの合成にならないようにしてください。

ou, où, doux, mou, coup douleux, poulet, gourou

この2つの区別で特に難しい子音のペアを上げておきます。/y/ が入るともっと難しくなります。

/y/ /Ø/    /u/    
jus jeu joue
fut feu fou
[PR]
by nsato75 | 2009-04-28 19:50 | 発音編

仏語と日本語の発音は似ている?

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

フランス語の発音は、日本語とはかなり違います。でも、実はかなり似ています。

1。フランス語の基本音節は、日本語の「カナ」に相当する(子音+母音)の組み合わせ。

 フランスには、日本語の音を聞いて「勝手に」フランス語で解釈するジョークがあります。(中国語ではできません。)

例)Y'a ma moto qu'a dérapé. (Il y a ma moto qui a dérapé. 私のバイクがスリップした。)

どこがジョークなのかは忘れたのですが、最初の部分は「山本(やまもと)」と引っ掛けています。カナ読みすると「ヤマモト カデラペ」となり、日本人の名前の様に聴こえます。

2。英語と違って大げさな強弱のアクセントがなく、自然な声と息づかいで発音出来る。

 私はアメリカで英語を身につけたのですが、英語を話す時、自分の息の強弱をコントロールして発音しています。これが結構疲れるのです。しかも、声のピッチもそれにあわせて調整しなくてはなりません。フランス語の場合、自分の自然な日本語の声をそのまま使えるのでとても楽です。

 日本語を習っているフランス人とアメリカ人を比べると分かるのですが、フランス人の発音の方がフラットで分かりやすいはずです。アメリカ人はどうしてもアップダウンが激しいので聞き取りづらいものです。

 ただ滑舌の悪い人は、フランス語でちょっと苦労するかもしれません。でもフランス人の「きれいな」発音を目指すのではなくて、日本語の訛りが残ってもいいからきちんと1つ1つの音節を大事に発音する事を心がけた方が早道かもしれません。


似ている点はあっても、違う点もいっぱいあります。例えば。。。

1。語尾に子音が来る音節がある。

 日本語の音節は必ず母音で終わります。(「ん」は母音ではないのですが、日本語では母音と同じように扱われます。)子音で終わる事がないので、外国語を日本語化する時、どうしても母音をつけて発音します。こうすると、フランス語の音節の区切りと「ズレ」てしまうのです。

 例えば、 Merci。日本人は「メルシ」と3音節で発音しますが、これを中国人は「メシ」と2音節で発音します。「ル」が無いじゃないかと言う人もいるかもしれませんが、実はこっちの方が「通じる」のです。フランス語でもこの単語は2音節なので、rが抜けても、フランス人なら各自rを頭の中で補ってくれます。

2。複数の子音が組合わさる。

 語尾の子音と似たような問題です。連続する子音の1つ1つに母音をつけてしまうと、上の問題と同じ結果になってしまいます。

 フランス語では、最高、3つの子音が組み合わさって使われます。このおかげで、1音節の単語でも、かなり長いものがあります。例えば。。。

strict /strikt/ (3子音+1母音+2子音)厳格な
France /frãs/ (2子音+1鼻母音+1子音)フランス国(女性の名前でもあります)
mixte /mikst/ (1子音+1母音+3子音)混ざった、共学の

これを「ストリクト」「フランス」「ミクスト」と発音したのでは通じません。余計な母音を付けずに、語尾の子音、連続する子音を発音するか、これは日本人にとって大きな課題です。

3。鼻母音がある

 日本人は、鼻に響かせる鼻母音の発音の時に「ン」を付けてしまう傾向にあります。この件は、別の記事で投稿してあるのでそちらを見てください。

 どちらにしても「カタカナ表記」は、フランス語学習の大きな障害になります。発音が分からないからと言って、テキストに「ルビ」をふるのだけはやめましょう。目よりは、耳で覚えるようにしてください。
[PR]
by nsato75 | 2009-04-28 09:43 | 発音編

鼻に抜ける音(?)鼻母音。。。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

まずは、日本人が苦手にしている鼻母音の発音のコツについて。

フランス語の鼻母音というのは、基本となる母音があって、それを「鼻に響かせて」発音するというのが一般的な説明ですが、多くの日本人が、鼻母音をマスター出来ない大きな原因は「カタカナ表記」にあると言えます。本来なら「単母音と同じように1つの母音」なのですが、カタカナで書いてしまうと、これが「2つの音に分離」してしまうからです。

例えば、on 「不特定主語代名詞(ちょっと複雑ですが、また後で説明します。非常に便利な単語です。)」の場合。。。

これを発音記号で書くと 「一文字」で /õ/ と書きます。ところが、カタカナ表記ですと「ン」が後ろに付き「オン」と「二文字」になってしまいます。

フランス語では、母音の後ろに子音がつく音節が当たり前です。フランス人はこの「ン」の音を「子音」として聞いてしまうことがあります「」。

例えば、名前の Jean とJeanne。発音記号は、/Ʒã/と/Ʒan/。 (/Ʒ/は「ジュ」に近い子音です。)これをカタカナ表記と比べると:

/Ʒã/  「ジャン」  (ジャン=バルジャン)
/Ʒan/ 「ジャンヌ」 (ジャンヌ=ダルク)

「ジャン」と発音しているつもりでも、「ン」の発音が強いと「ジャンヌ」になりかねません。性別が変わってしまう一大事です。

これを避ける為に1つ面白い方法があります。

「o」の上に「〜」がついた形の「õ」になるのは、どこか「か」に濁点が付いて「か゛」になるのと似てはいませんか?そうです、つまりフランス語の鼻母音も、基本母音に「濁点」をつける形でイメージしてみてください。そんな音はないと思うかもしれませんが、漫画の中では、時々「あ゛」とか「え゛」とか、驚いた表現で見かけます。

「鼻に抜いて」とか「鼻で響かせて」といっても、どうもしっくり来ない人は、濁点の要領で母音自体を変化させるようにしてください。鼻母音は、基本母音に比べて少々音のピッチが高くなります。そしてもう「〜ン」はつけない。つまり1つの母音として発音するわけです。

日本語の中で、フランス語の単語を使うときは、カタカナ発音でないと誰も分かってくれませんが、フランス人に対してはこれを使ってみてください。例えば、Mont Fuji(富士山)の Mont /mõ/ は「モン」ではなく「モ゛」になります。

一度おためしあれ。

注意:/ã/と/a/の発音記号は、本当はフォントが少し違うのですが、自分のマックに見当たらないので、これは代用です。辞書を見るとちょっと違いますので、確認してください。
[PR]
by nsato75 | 2009-04-27 11:10 | 発音編

日本人向けの意味

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

日本語とフランス語って、やっぱりかなり違う言葉です。でも実は似ている点も多いのも事実。このブログでは、この似ている所を最大限に活用して行こうと思います。

フランス語文法は元々「フランス語が既に出来る人達(特に子ども)」向けに書かれたものです。実はそれを単に「直訳」している部分が多々あるのです。ということは、ちょっと考えても日本語の様に全く違う言葉を話す人には、わけが分からないの当たり前です。このブログでは、ちょっと遠回りになるかもしれませんが、日本語の感覚に沿って説明するように心がけます。

といっても、文法用語は難解ですがフランス語のものを、そのまま使います。というのも、特にフランスで勉強する人は、学校でこの用語と毎日接する事になるからです。別の単語を使うと混乱させる事になってしまいます。

今のフランス語学習では、発音と文法は別々に教えられていますが、実は発音と文法は密接な関係にあります。でも、フランス人の様な発音を目指す事ではありません。フランス語の特長をマスターする事が先決です。このブログでは、日本人の「アクセント・なまり」があってもいいというスタンスです。

最後に、「3日でマスター」とか「こんなに簡単」という、うたい文句の本もいっぱい出ていますが、どんな言葉も一朝一夕に身に付くわけがありません。やはり日々の努力、少しづつでもいいから前に行こうと言う気持ちが大事です。

感想をコメントで聞かせてもらえたら嬉しいです。
[PR]
by nsato75 | 2009-04-23 21:03 | 日本人向けって?