<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

/s/ /ʃ/ /t/ と「サ行」「シャ行」「タ行」。。。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

今回は、フランス語の3つの子音 /s/ /ʃ/ /t/ の練習をしましょう。

日本語の「サ行」「シャ行」「タ行」は/s/ /ʃ/ /t/ に「近い」ですがかなり結構違います。大きな違いは日本語の場合、母音「あ、い、う、え、お」と組み合わせると発音が微妙に変わってしまうところです。

「サ行」では「シ」の発音が少し変わります。
ローマ字で si ではなく shi と表記するのはこの方が自然だからです。

「シャ行」では「シャ、シュ、ショ」の3つしかありません。
「シィ、シェ」と書けばそれに近い音にはなりますが、これは外国語を書き表す時の知恵です。

「タ行」では「チ」と「ツ」の発音が変わります。
ローマ字でも chi / tsu と表記することからも分かります。

フランス語の子音は母音には影響されず、どの組み合わせでも子音の発音が維持されます。日本語の様に母音に引きづられないように注意する必要があります。

フランス語の母音 /a/ / i / /y/ /e/ /o/ との組み合わせで見てみましょう。

日本語の「う」に相当する母音は全部で4つありますが、ここでは /y/ を用います。「ユ」に近いこの母音の発音は日本人にとって苦手だからです。

/sa/ ça (これ)
/si/ aussi (~も) 発音は「オ・スぃ」に近いです。
/sy déçu (がっかりした) déchu との違いに気をつけてください。
/se/ c'est (それは…)
/so/ saut (ジャンプ

/ʃa/ chat (猫)
/ʃi/ gâchis (無駄)
/ʃy/ déchu (堕落した) déçu との違いに気をつけてください。
/ʃe/ chez (~の家で)
/ʃo/ chaud (暑い、熱い)

/ta/ tata (叔母ちゃん)
/ti/ Tahiti (タヒチ)発音は「タ・イ・ティ」に近くなります。
/ty/ tu (あなたが~) 「チュ」に近いですが、語頭に/t/を意識してください。舌先を上あごにつけます。
/te/ rater (逃す)
/to/ tôt (早く)

「チ」と「ツ」に対応するのは /tch/ /ts/ ですが、もともとフランス語にある発音ではないのであまり数が多くないですし、日本人にとっては難しい発音ではないのでここでは別扱いにしました。

/tsʃa/ chat (チャット) 猫の場合は最後の t は発音しません。ただし「メス猫」は「シャットゥ」になります。
/tsa/ tsar (ロシアのツァーリ) 

次回は/s/ /ʃ/ /t/ の濁音 /z/ /ᴣ/ /d/ の予定です。
[PR]
by nsato75 | 2011-01-03 01:39 | 発音編