<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カンナム・スタイルの歌手 Psy を、どう発音するか。。。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村
よかったらワンクリックお願いします。


英語では Psy は「サイ」と発音します。

心理学 Psychology は「サイコロジー」、漫画「コブラ」の Psychogun は「サイコガン」、ヒッチコックの映画「Psycho」は「サイコ」です。

これに対してフランス語では、英語では発音されない / p / が発音され / psi / と発音されます。
ところがこれを「プシ」と発音すると、中々通じません。何故かというと / p / には母音がつかないのですが、日本人が発音するとどうしても「う」がついて、全体で「プ」+「シ」と2音節になってしまうからです。

これと似た問題をはらんでいるのが pneu 「タイヤ」です。これも「プヌ」と発音すると通じません。

「pシ」や「pヌ」とした方が日本人の人には分かりやすいかもしれません。

後一つ面白いのが、フランス語のため息の擬音。これが pfffff になります。これも p と f の間に「ウ」を入れずに発音する必要があります。(英語では、この擬音は別の意味になる様です。。。)

実は最近、これが日本人だけの問題でない事が分かりました。スウェーデンの人に会って話したとき、心理学 Psychology の発音でとても苦労していました。私が / ps / と続けて子音だけで発音するんですよと教えたら、納得してくれました。

何か変な意味で,スウェーデンを身近に感じました。
[PR]
by nsato75 | 2013-02-25 10:07 | 発音編

「5キロ」は重いか、遠いか。。。

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

日本語で「5キロ」というと、重さの「5キログラム」か距離の「5キロメートル」のどちらにもとれますが、その時々の文脈から判断するので、いちいち聞き返す事はほとんどないでしょう。

フランス語も、日本語と同様「メートル法」を使うので同じ表現を使いますが、「〜キロ」とだけ後ろの単位を省いて使う場合、重さにしかなりません。つまりフランス語で「 cinq(5) kilos 」と言ったら、重さの「5キログラム」になります。距離の場合は必ず「cinq(5) kilomètres」と単位まで全部つけて表現します。

私も、日本語につられて、距離を「cinq(5) kilos」と表現することがよくあり、よく聞き返されました。

それと書き言葉では、こういう数値の場合、アラビア数字を使わず「cinq kilomètres」と書く事が多いです。日本語にすると「ごキロメートル」と書く様な感じですが、言葉が変われば習慣も変わるという事で。
[PR]
by nsato75 | 2013-02-11 17:42 | 単語編