日本人向けの意味

にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

日本語とフランス語って、やっぱりかなり違う言葉です。でも実は似ている点も多いのも事実。このブログでは、この似ている所を最大限に活用して行こうと思います。

フランス語文法は元々「フランス語が既に出来る人達(特に子ども)」向けに書かれたものです。実はそれを単に「直訳」している部分が多々あるのです。ということは、ちょっと考えても日本語の様に全く違う言葉を話す人には、わけが分からないの当たり前です。このブログでは、ちょっと遠回りになるかもしれませんが、日本語の感覚に沿って説明するように心がけます。

といっても、文法用語は難解ですがフランス語のものを、そのまま使います。というのも、特にフランスで勉強する人は、学校でこの用語と毎日接する事になるからです。別の単語を使うと混乱させる事になってしまいます。

今のフランス語学習では、発音と文法は別々に教えられていますが、実は発音と文法は密接な関係にあります。でも、フランス人の様な発音を目指す事ではありません。フランス語の特長をマスターする事が先決です。このブログでは、日本人の「アクセント・なまり」があってもいいというスタンスです。

最後に、「3日でマスター」とか「こんなに簡単」という、うたい文句の本もいっぱい出ていますが、どんな言葉も一朝一夕に身に付くわけがありません。やはり日々の努力、少しづつでもいいから前に行こうと言う気持ちが大事です。

感想をコメントで聞かせてもらえたら嬉しいです。
[PR]
# by nsato75 | 2009-04-23 21:03 | 日本人向けって?